【失敗談】モーニングページ

手帳とノート

もうすでにやめてしまいましたが、充実した朝時間を過ごすべくモーニングページに取り組んだことがあります。

やめておいて何なんですが、いいものでも合う合わないがあると思うので始めてからやめるまでの話を書きたいと思います。

「モーニングページやってみたいんだけど私にできるかな?」という方は、すでにあちこちのサイトやSNSでリサーチ済みのことでしょう。

でも、続けられなかった話も一読して頂けると「あ、これ私もだ」「いや、これは大丈夫だな」と判断材料にしてもらえるかもしれません。参考になれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

モーニングページってそもそも何?

『ずっとやりたかったことを、やりなさい』という本に載っているワークのひとつらしいです。(らしい、と書いたのはその本を読んでないため)

私はTwitterでモーニングページの存在を知り、そのままweb検索してたどり着いたこちらのサイトで、どんなものか把握しました。

主なルール

主なルールは、下記のとおりです。

・手書きで書く
・最初の8週間は読み返さない
・朝に書く
・3ページひたすら書く
・人には見せない

3ページも書くってなかなか大変ですよね。しかも朝にです。

 

試した時の内容

続けられるか微妙だったので、一度試すことにしました。試したときの様子はこんな感じです。

・A5サイズのノート
・ほぼ殴り書きだが、読めなくはない程度の文字
・2ページ書いて16分かかった
・ぎっしりは書いていない
・支度も全て済ませてから机に向かって書いた

 

試した感想

ノートに書くタイミングは寝起きがよいらしいです。

「起床→支度→モーニングページ」の順ではなく、「起床→モーニングページ→支度」の順ですね。

余裕を持って取り組みたければいつもの30分前に起きたほうがよさそうです。試してみてもやれるかどうか微妙なところだったので、ひとまずやってみることにしました。(結果的に続けられなかったわけですが)

 

用意したもの

・LIFEのノーブルノート(B6・横軸)
・家にある万年筆(コクヨのカクノ)

 

モーニングページに惹かれた理由

手帳も使ってるので何かを書くツールはすでにあったのですが、モーニングページのなんでも書いていいというスタンスにホッとしたからでした。

手帳に愚痴などは書くな!と言われたことはありませんが、何となく書かない方がいい気がして書かないようにしています。

でもモーニングページは「マイナスなもの」と呼ばれるものも書いていいようなのです。書いて書いて書きまくることで、自分の思考の癖や思いに気づくというのが目的のひとつのようです。

 

自分のことを後回しにしてきたツケが回ってきたのか、いざ自分と向き合おうとしても頭が真っ白になり何も浮かばないという状態になってしまう私。

そんな私にとっては必要な作業のように思いました。まずは己を知ることが大切かなと。

 

モーニングページ開始から12日経過

朝の支度の流れや「朝ごはん食べたいなあ」とかいろいろ考えつつ、5時過ぎに起きて布団の中で書いていました。

目は半分以上開いてないし、まだ外も暗くてたまにノートの枠線からはみ出す始末です。そもそも読み直しても読めるのか怪しいほどの汚い字でした…。

内容も眠いとかお腹すいたとか、眠いとか眠いとか眠いくらいのものですが、ひとまず浮かんだことを書きました。

 

続けてはいたのですが、5時過ぎに起きるようになってから1週間経ったところで、体調を崩しました。

元々寝つきはよくない方なのに起床時間だけ早めてしまったので、単純に睡眠不足がひどくなってしまったのです。

仕事中もフラフラしてしまって、このままでは日常生活に支障をきたすと考え、やり方を少し変えることにしました。

変更前)3ページ書く

変更後)1ページでも良しとする

ショートスリーパーではないので、やっぱり7〜8時間は睡眠時間が欲しいところ。

まずは睡眠を優先として、でも「全く書かないのではなく1ページでもよしとする」ことで、3ページ書くことよりもモーニングページを続けることに重きを置くことにしました。

休日なら3ページ書く、よく寝れた日や時間に余裕がある日も2ページ3ページ書く…という感じでやってみようかと。

いつも「0か100」のような行動をとりがちがなので、その間くらいを選択することもよしとしました。

 

モーニングページ中断

冒頭で書きましたが、私には続けられませんでした。早起きはできたけど、日常生活に支障がでてきたので、睡眠時間の確保を優先しました。

生活スタイル変えるか、もっと通勤距離の短い職場に転職するかして、睡眠時間とモーニングページの時間が確保しやすくならないと厳しいようです。

やめてしまいましたが「続けられなかった私を私が責める」というのは、私にとって何もいいことはないのでやめておきました。

やってみた、やり方も変えてみた、でも今はしんどいというだけのこと。今の私には合ってないと気づいただけのことです。

 

どういう人が向いてる?

結局のところ「何が何でもやる」って決めて行動した人が続くんですよね。

それはひとまずおいといて、始める時点でこうだったら続けやすいかな?と思ったポイントをまとめてみました。

  1. 朝に強い
  2. 朝の時間に比較的余裕がある
  3. ぐっすり眠れる

よく寝てスッキリ起きられて、朝にモーニングページの時間を確保してもゆとりがある状態がベストなのかなと思います。モーニングページに限らず健康面でも大切なことですよね。

 

また、モーニングページは無理そうだなという方も、朝に限定せず「ノートに書き出してみる」だけでもやってみるといいかもしれません。

私もモーニングページは続かなかったけど、ノートに書くことで考えがまとまることも多いので、書くこと自体は性に合ってる気がします。

 

おわりに

失敗談なので実際にやってみようとしている方の参考にはならないかもしれませんが、逆にこれらを気をつければ続けやすいとも取れます。

合う合わないはやってみなければわかりませんので、私のようにまずは数日試してみてはいかがでしょうか?

 

タイトルとURLをコピーしました