春日大社と鹿と鹿と鹿(奈良市)

神社

Twitterでフォローしている千波さん(@_chinami_0612)のこのツイートを見てふと、

 

 

そういえば、奈良県の神社ってあんまり行ってないね。

 

と夫に話したところ、
「春日大社かあ、せっかくだから行ってみようか」と言ってくれたので、春日大社に行ってきました。

 

行ってみて思ったのは、

「とにかく鹿とともにある」

でした。

 

春日大社より鹿の写真をたくさん撮ってしまいましたが、「本当に鹿だらけだ〜」とイメージしてもらえたら幸いです。

 

▼春日大社のホームページはこちらから

世界遺産 春日大社 公式ホームページ
春日大社は、春日山原始林を背景に奈良公園

 

駅から春日大社までの道

近鉄奈良駅から、ひたすら坂をのぼって奈良公園方面へ。

すでに鹿の姿がちらほら。

 

道路標識も鹿。

道路にも鹿。

 

 

 

 

近くを通っても、あちらさんも我々をスルーです。

 

しかせんべい持ってないしね

 

鹿せんべい持ってるのに、手に持ったまま逃げている人は追いかけられていました。

 

そりゃ、そのせんべい手に入れるまで

鹿も追うやろうね…。

 

春日大社

▼春日大社ホームページより引用

春日大社は神護景雲2年(768)、平城京の守護と国民の繁栄を祈願するために創建された神社です。
春日山原始林に続く御蓋山の西麓に鎮座する藤原氏の氏神を祀っています。
神様が白鹿に乗って 奈良の地においでになって以来、鹿は神様の使いとされています。
平成10年(1998)、古都奈良の文化財として春日大社と春日山原始林が世界遺産として登録されました。

 

上記のとおり、「鹿は神様の使いとされている」だけありました。

 

 

手水舎も鹿です。

 

手水舎も鹿

 

ここにも鹿です。

 

鹿と鹿と鹿

 

緑に囲まれて、神の使いと呼ばれる存在がそばにいて、本当は落ち着くいい場所なんだろうなと思います。

 

「本当は」と書いたのは、土曜日に行ったのと早朝ではなかった(午前中だったけど)のもあり、観光客が多かったのが理由です。

 

わいわいがやがや、鹿にちょっかいかけて逃げる…
落ち着くもへったくれもありません。

 

神社はやっぱり朝早く行くのがいいですよね〜

 

ここでも某国の観光客と思われるこどもが鹿にちょっかいかけて、襲われかけていました。
幸い蹴られずにすんでよかったですけどね…。

 

そりゃ、鹿もキレるわ

 

おとなしく見えても鹿は野生です!

春日大社に行ってから数日後、奈良公園で鹿による怪我が多いというニュースを見かけました。

むしろ鹿に向かっていけるその勇気がすごいなと思います。

 

私は怖いです、鹿。

思わぬトラブルを起こさないためにも、鹿にへんなちょっかいをかけるのはやめましょう。

 

けがでもしたら、シャレになりません。

 

鹿の話になりましたが

鹿の話ばっかり書いてしまいましたが、それくらい鹿の印象が強かったです…!

もっと人の少ない時間帯にいけば、春日大社と神様の使いである鹿のいる空気を味わえる(と言ったらいいのか)気がします。

次回お参りに行くときは、そのあたりも考慮してみます…!

 

 

▼関連記事

・『空気ケーキ。』にも行きました。→また食べたい!奈良市の『空気ケーキ。』

・今年初めて行った神社は2社目になります。1社目はこちら→「女性の願いなら一つは叶えてくれる」石神さんにお願いごと

・2019年やりたいことリスト100「070. 行ったことのない神社に行く」も達成済ですが、2社に増えました!→2019年やりたいことリスト100

 

 

 

神社
スポンサーリンク
\ よかったらシェアお願いします!/
\ フォローよろしくお願いします★ /
よかごと
タイトルとURLをコピーしました