強肩強打の強いやつ!お帰りなさい髙城選手!そして横浜のキャッチャーは7人に?

髙城選手おかえりなさい ベイスターズ

2018年、シーズン中にトレードでオリックス・バファローズへ移籍した髙城俊人選手。

2019年シーズンオフ、その髙城選手が戦力外という情報が。

 

 

えー!髙城選手、戦力外!?

もう、横浜に帰ってきなよ〜〜!(何目線)

 

どうなるのかなー?

横浜DeNAベイスターズは髙城選手とらないのかなー?

 

そんなことを思いながら、続報を待っておりました。

 

 

再獲得との情報が報道された翌日には、

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#髙城俊人 選手と2020年シーズンの選手契約を結ぶことで合意いたしました。 Welcome back to YOKOHAMA! #baystars #ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズ(@baystars_official)がシェアした投稿 –

 

公式でも契約したとの発表が!!

ベイスターズファンは大喜びです。

 

これで横浜DeNAベイスターズのキャッチャーは7人になりました。

 

横浜DeNAベイスターズのキャッチャーは7人

髙城選手が入ることで、横浜DeNAベイスターズのキャッチャーは7人(靍岡コーチは含まず)になりそうです。

 

西森選手は2019年に戦力外通告を受け、引退されました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

西森将司選手(捕手 背番号66)が、2019年シーズン限りでの現役引退を表明しましたのでお知らせいたします。 ▪️西森将司選手 コメント 「まずは8年間、あたたかいご声援を送ってくれたファンの方に感謝の気持ちを伝えたいと思います。本当にありがとうございました。なかなかチームの戦力になれず、ファームにいる期間が多かったですが、それでもずっと応援していただいたファンの方にはいつも元気をもらい、支えていただきました。支配下選手登録された日や、甲子園球場でマークしたプロ初安打は本当にいい思い出です。横浜DeNAベイスターズでは、素晴らしいチームメイトやスタッフに恵まれて、毎日がすごく楽しく幸せな日々を送ることができ、感謝しています。プロ野球選手という一つの人生が終わり、これから新しい人生が僕を待っています。これからの人生、とても楽しみで仕方がないです。最後になりますが、成長させてくれる環境を提供くださり、最後までサポートを続けてくれたDeNAベイスターズ関係者、8年間いつも変わらずに熱い声援を送ってくれたファンの皆様、本当にありがとうございました」

横浜DeNAベイスターズ(@baystars_official)がシェアした投稿 –

 

2020年シーズンはこのメンバーで正捕手の座、1軍の座を争うことになっていくのですね…。

 

み、嶺井くんは大丈夫だろうか…

きびしくはなってきたよね。嶺井も才能のある選手だけど、山本・益子という才能のある若手もいるし。

 

私が心配したところでどうしようもないので、応援するしかないんですけどね。

 

2020年シーズンもキャッチャーに注目していきます

伊藤光選手が残留を決めてくれた。

その伊藤光選手とのトレードで、横浜DeNAベイスターズを離れた髙城選手が戻ってくる。

 

いやあ、よかったよかった!

 

推しのチャンスが減る可能性もあるけれど、横浜DeNAベイスターズのファンなので他の選手が嫌いなわけではない。

それに、強い人やライバルがいなくなることで正捕手の座を得る…というのは本人のためにはならないという考えです。

いいところは盗み、伸ばせることは伸ばす。広がった実力差は縮める。そうやってよりいい選手になってくれたら最高。

 

嶺井選手の強気のリードが観たいです。

 

気になる選手はいるし、2020年こそはリーグ優勝を…!とか思うけれど、まずはキャッチャーだなと。

「よかごと」は、2020年シリーズもキャッチャーに注目してまいります!

 

 

↓ここから他の方のベイスターズに関する記事を読むことができます!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

ベイスターズ
スポンサーリンク
\ よかったらシェアお願いします!/
\ フォローよろしくお願いします★ /
よかごと
タイトルとURLをコピーしました